心理学習EQ 公式キャラクター「パーク」と「ベル」について

2020.05.04

『心理学習EQ』の公式キャラクターである「パーク」と「ベル」。今回、公式LINEスタンプのリリースに合わせて、キャラクターが誕生した背景とともに、今後の展開についてを伺った。

『心理学習EQ』公式キャラクター「パーク」と「ベル」とは?

-「パーク」と「ベル」が誕生した背景をお聞かせください。

動物をキャラクターとして起用した理由は、弊社が提供している『EQ』というサービスが、「脳科学」や「心理学」といった日頃の生活では馴染みの少ない専門領域を取り扱っていることにあります。

「難しそう」といった様に、一見すると取っ付きにくい印象もある〝専門知識〟ではありますが、EQが提供するサービス内容についてご理解いただけた際には、「大人だけでなく子どもにも学ばせたい」といったお声を頂戴する事も多かったため、「楽しく、わかりやすい」をサービスのコンセプトに、子どもから大人までご利用いただけるサービスとして成長していく様にという想いも込め、この2匹を誕生させることとなりました。

現在は、アスリートを対象とした教育プログラムを提供していますが、「スポーツ教育」という言葉がある程ですので、前述した通り最終的には子ども達や親御さまにもご利用して頂ける形でサービスを提供していきたいと考えています。そういった意味でも、子ども達にとって親しみやすい存在にパークとベルがなってくれると嬉しいですね。

今後のサービス展開

-今後のサービス展開についてをお聞かせください。

現在、サービス展開しているスポーツ領域の『EQ sports』に加え、企業研修のオファーを頂く機会が多くなってきたビジネスシーン向けの『EQ biz(近日ご紹介予定)』、そして最終的には教育事業を見据えた『EQ kids』への展開を考えています。

「脳科学」や「心理学」といった科学的な根拠の裏付けをサービスの強みに、子ども達の成長に寄り添う形での学習教材やアニメーションなどを駆使した新たな教育コンテンツの開発を通じ、EQというサービスが子ども達のより良い心の成長に携われる存在になれたらと願っています。

そんな将来を見据え、今回はその先駆けとして公式LINEスタンプをリリースする運びにもなりました。

直近では、パークとベルの他にも新たなキャラクターを加えた絵本制作も『EQ kids』の企画として進んでいますが、近い将来にはフラッグシップストアを出店し、アイコニックな商品の開発に力を入れていくことも視野に入れています。

既存サービスでは研修玩具や各種ノベルティを愛用してくださっている方々も増えて参りましたので、時間をかけながらではありますが、今後もEQが多くのユーザーの人生を豊かにできるサービスとなり、EQのキャラクター達がミッキーマウスやハローキティの様に愛される存在になっていくことを目指していきたいと考えています。

代表取締役CEO
森 裕亮