株式会社オンリーワンを日頃から暖かく見守り支えて下さっている皆様、まずは当コラムをご覧いただきまして誠にありがとうございます。 コロナパンデミックの流行が始まり今日で丸2年が経過したとWHO(世界保健機関)から本日3月12日付で声明が出ていることを確認し、「もうそんなにも時間が経ったのか」と様々な感情がフラッシュバックする所から本日の私の業務はスタートすることとなりました。 この2年、私たちの活動を支えて下さっていた多くのプロアスリートや、パンデミックの影響で大きな打撃を受けた同業・他業界の経営者の方々が置かれている状況を間近で見て来た中で、多くの焦燥や苦渋、やるせなさを感じざるを得ない状況にありました。 そして弊社オンリーワンも決してその例外ではなく、2年前から描いていた事業構想からは大幅な方針転換や様々なプロジェクトの中断・中止を余儀なくされました。 しかし、これらは一重に会社の代表を務める私自身の完全なる人間的未熟さ、そしてそれ以上に経営者としての視野の狭さを始めとする実力不足が原因となります。 「社会の公器となる企業を目指す」ということを、2年以上前にもなる本コラムの内容にて綴らせていただいてはおりましたが、この2年という歳月の中で会社の器は代表者の人間的器以上に成長しないことを〝文字面〟だけではなく〝原体験〟として痛感し、人として、そして一企業経営者として何が足りていないのかを深く理解すると共に、努力に報いることが出来なかった仲間達への後悔も強く残っております。 しかし、それでもなお弊社を応援し、そして支えて下さっている方々のためにも、今目の前にある仕事一つひとつ、そしてそれを与えて下さる方々一人ひとりに対し真摯に向き合い、社会に求められる仕事を担いながら、引き続き関係者の方々と共に社会の公器となる企業を一企業経営者として志していきたい所存です。 ここ半年ほどの期間は、様々な業界関係者の方々とのネットワークの構築に時間を割いておりましたが、より充実した支援をアスリートを始めとする多くのスポーツ産業従事者の方々に引き続きご提供していきたいと考えております。 わたし自身も改めて現場の最前線に立った上で、スポーツを心から楽しめる世界の創出を目指し、今後も各方面に向けて力を入れ活動を押し進めていきたいと考えております。 この度は、本コラムを最後までお読みいただきありがとうございました。 今後とも、株式会社オンリーワンを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

追伸

現在のロシアによるウクライナに対する軍事侵攻とそれによる人命損失には酷い憤りを覚えています。 報道によれば多くの現地アスリートの命も奪われ、今なお空爆などにより多くの方々の命が失われている現状に、私自身は「世界の絆」を全く感じることが出来ていないというのが現状です。 コロナパンデミックも含め、このような悲しい現実を知った際に自分自身が何も出来ないという現状は、3.11の東日本大震災の時に感じた強い無力感と同様のものを感じます。 何か自分にできることはないのか。そんなことばかりが頭の中を巡る日々ではありますが、まずは一日でも早い停戦合意に至り一人でも多くのひとが救われること、そして世界に平和が戻ることを心より願っております。 新しいスポーツ文化を創造し、世界の絆を強くする。  

株式会社オンリーワン代表取締役CEO 森裕亮

 

2022.3.12, 代表メッセージが更新されています。

この度、弊社サービス『EQ(イーキュー)』におけるビジネスブランドとして『EQ biz』をリリースいたしました。先日当コラムにてご紹介させていただきました『EQ sports』に続き、『EQ biz』という新ブランドが立ち上がった経緯を、弊社オンリーワン代表である森裕亮のへのインタビューを通じご紹介させていただきます。  

 お客様の声が新たなブランド誕生のキッカケに

-『EQ biz』が誕生するに至った経緯をお聞かせください。 当初は、スポーツカンパニーとしてスポーツ産業界への貢献にだけ焦点を絞り『心理学習EQ(現EQ sports)』を提供させていただいていましたが、『EQ』をご利用いただくスポーツ界の企業様方からのご紹介やお問い合わせを通じ、大手企業様方から「スポーツ以外の会社でも研修として実施できないか」というお声を頂戴することが多くなってきました。 実際にお話を聞くと、アスリートが持つ強いメンタルはとりわけビジネスマンからも強い関心を寄せられていることを知り、時代背景的にもうつ病といった精神疾患が社会活動とは切っても切り離せない関係にある中で、心理学と脳科学的なアプローチから「強いメンタル」の構造を理論化させ、うつ病予防にも高い効果が期待できる『EQ』というサービスは、非常に相性が良いと感じました。 そこで、「うつ病予防」のみならず「チームビルディング」や「仕事を効率化させる思考法」など、お客様のニーズとこれまでの自らの経験をビジネスシーンに最適な形で応用できるよう、科学的な根拠を基にするコンセプトは一貫して保ちつつビジネスシーン向けにサービス内容をカスタマイズさせていきました。 以上が『EQ biz』が誕生するに至った経緯になります。

今後のサービス展開について

-今後のサービス展開についてお聞かせください。 『EQ sports』と『EQ biz』では、対象となるお客様が抱える課題が所々若干に異なる為、お客様のご要望一つ一つを汲み取りながら、ピンポイントでその課題を解決していけるよう各ブランドともに一層納得度の高い学習プログラムへとブラッシュアップしていくことに引き続き努めていきたいと思います。 また、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業や組織の在り方について、大きな変化が求められてきている現状も見逃せません。リモートワークへの移行や大型オフィス不要論など、新たな企業や組織の在り方、働き方を積極的に見直していきたいというお客様の声も多く耳にしますので、時代の変化に合わせサービス内容を対応させていきつつ、今後も我々人間が保有している普遍的ヒューマンスキルの育成を『EQ』というサービスを通じサポートさせていただけたらと考えています。 本当の意味での新型コロナウイルス感染症の収束と共に、ビジネスシーンにおいては『EQ biz』として、また、スポーツシーンにおいては『EQ sports』として、多くの企業様のご発展に貢献できるように、これからも企業努力に励んでいきたいと思います。

代表取締役CEO 森 裕亮

2020年5月18日に、創業3期目を迎えることとなった株式会社オンリーワンのこれまでとこれからについて、弊社代表である森裕亮に伺いました。

「思いの外、描いている方向に企業として成長できている」

- 創業3期目を迎えての気持ちをお聞かせください。 創業者としてこれまでの2年間を振り返ると、思いの外、描いている方向に企業として成長できていると感じています。サービス開発自体は、いくつかのビジネスモデルにチャレンジしてきたので、もちろん上手くいかないことも多少ありました。しかし、オンリーワンとして掲げている〝企業理念〟は1mmもブレることが無かったため、意思決定の方向性を明確に保った上で会社組織の代表として経営を全う出来たか否かでいえば、自信を持ってYesと答えることができます。 また、オンリーワンという企業法人の成長に3期目も代表として携われることを、純粋に嬉しく思っています。自分一人だけの力では3期目を迎えることはできませんでしたが、今後は企業法人としての成長を見据える上で、更に多くの方々からの助けが必要となると思います。 我々は一部上場企業を目指しているとはいえ、オンリーワンは上場後にイグジット(売却を通じて利益を得ること)することを目的として立ち上げた企業ではないため、オンリーワンにこれから関わりを持たれる未来のステークホルダーの皆様のためにも、どういった企業文化と組織システムを構築する必要があるべきかを3期目を迎える上での心持ちとして携えていきたいと考えています。

「上場はあくまでも手段である」

- なぜ一部上場企業を目指すのでしょうか? 最初は、会社を立ち上げる以上は「行ける所にまで行ってみたい」というシンプルな想いから、一部上場を目指し始めました。しかし、実際に事業経営を行っていく中で、徐々に一部上場を目指す本質的な意味についての明確な答えが見えてきました。 その一つには〝法人〟という法律の上では一個人として認められ、理論上では寿命のないオンリーワンという1人の企業法人が、創業者である私が寿命を迎えこの世を去った後も永続・繁栄し続けることは、創業期メンバーを含め、生きた証をこの世に残すことができるという点に繋がります。 私でなければ、私たちでなければ、この時代にオンリーワンという1人の企業法人は創り上げることができなかったはずですし、私たちが寿命を迎え、この世を去った後にもオンリーワンというある種、私たちにとっての一つの作品であり、私たちの生きていた証が、この世界に存在し続けてくれている。これ以上に嬉しいものはないと思っています。 もちろん、創業者のエゴだけで企業は育てることができません。ビジネス的な観点で言えば、社会に求められるサービスを世の中に提供することで得た利益を通じ、社員やこれからの企業成長に投資・還元をしていかなければなりません。オンリーワンとして掲げている企業理念を軸とした事業活動を全うしていくためにも、これから先のステージではさらに多くの方々のご理解とご協力が必要となってきます。 今後オンリーワンでは、事業活動における利益と投資家の方々の支援の両輪が揃って、社会的に信用を得られる企業体制が数年スパンの内に構築されていくと考えています。前述した内容も踏まえ、私が退いた後も社会の公器としてオンリーワンが発展するためには、一部上場はあくまで企業としての成長過程のワンステップでしかありません。 オンリーワンの生み出す人々の生活に深く根差したスポーツサービスや製品が、世界中の方々のスポーツライフを一層上質なものにできるよう、一部上場する信用企業として社会に支えられ、そしてその信用に応える形で社会に貢献できる企業へとオンリーワンを成長させていくことが、10年ほど未来までを見据えた私の人生のミッションでもあります。

「日本のみならず世界に誇れる企業へ」

- 最後にこれからの想いについてお聞かせください。 これまでの2年間を振り返ると、もしあそこで決断を間違えていたら、恐らく会社が潰れていたと思う出来事もいくつか思い浮かびます。3期目を迎えることで決断の数や思考量も益々に増える一方だと思いますが、再定義化された企業理念を意思決定の軸とした上で、市場や共に働く仲間、そして指導していただける方々のアドバイスにも、素直なこころで耳を傾けていきたいと思います。 そして、2030年までに一部上場を果たすことで、社会に一層大きく貢献できるよう企業としての器を拡げ、日本のみならず世界に誇れる企業へと成長していきたいと思います。 改めまして、株式会社オンリーワンが創業3期目を迎えられたことを嬉しく思うと同時に、ここに至るまでに支えて下った多くの方々に感謝を申し上げたいと思います。今後もオンリーワンが社会の公器として成長していくために、企業理念を指針に〝世界最高のスポーツカンパニー〟を目指し、事業活動に取り組んでいきたいと思います。 皆様、弊社オンリーワンとメンバー達を引き続き、何卒よろしくお願いいたします。

代表取締役CEO 森 裕亮

この度、株式会社オンリーワン(本社:東京都港区、代表取締役CEO:森 裕亮)は、企業理念におけるグローバルミッションを「新しいスポーツ文化を創造し、世界の絆を強くする。」に再定義化し、それに紐付き弊社が掲げていた企業理念の内容もブラッシュアップいたしました。

企業理念のブラッシュアップに至った背景 

創業以来、企業法人としてのミッションを「新しいスポーツ文化を創造する」と定め、多くのスポーツ産業従事者の方々に対して、脳科学と心理学の観点に基づいた教育プログラムである『心理学習EQ』をサービス提供して参りました。主に世界と戦う国内トップアスリートの方々から支持を受け、皆さまのおかげでB2CからB2Bまで取引先もこの1年間で拡大してきております。 上記の通り、企業活動を継続する中で関わるステークホルダーの数が増えてきたと同時に、当初の企業理念を指針に社会的な貢献を目指し続けてきた中で、新たに見えてきたオンリーワンの可能性やポテンシャルを再確認し、これまでの抽象度が高い企業理念からより具体的なものへとブラッシュアップすることで、オンリーワンとして今後目指すべき未来の輪郭をハッキリさせたいという思いに至りました。

企業理念がブラッシュアップされても変わらないもの 

翌5月に創業3期目を控える現在、スポーツという軸足をブラさずに、新たに掲げた「*Best Brand」「*Good Experience」というグローバルビジョンを追い求め、生活に根ざしたスポーツサービスの提供を介し、世界の産業発展に寄与していくという想いは決して変わっておりません。 オンリーワンがお客様にとってどんなブランドであるべきかは、まだまだ時間をかけて検討していく余地があると感じていますが、お客様の反応や評価に真摯に向き合いながら、これから優秀な人材を新たに招き入れることも視野に入れ、創業当初から掲げる「新しいスポーツ文化を創造する」というミッションを、今後も一層に磨き続けていきたいと思います。 そうすることで、スポーツ産業界における新たなポジションとその価値を築き上げ、企業理念に共感して下さっている全てのステークホルダーの皆さまにお応えできるような企業努力に繋げていきたいと考えています。 次のステージを目指して歩みはじめているオンリーワンをこれからも長い目で温かく見守っていただくとともに、創業者でありながら会社を預かる代表の身としても、オンリーワンが長い年月の先に、どんな社会的な貢献を果たしていくことができるのかを心から楽しみにしています。
 
▶︎グローバルミッション
新しいスポーツ文化を創造し、世界の絆を強くする。
▶︎グローバルビジョン
 *Best Brand(21世紀を越えた先まで繁栄し続ける世界最高のスポーツカンパニー)
 *Good Experience(世界で最も高い顧客満足度を誇るスポーツカンパニー)
URL:https://only1-inc.jp/our-philosophy-1/

代表取締役CEO 森 裕亮